オフィスワンアップのNLP資格認定講座

The society of NLP

私たちが提供するNLPの資格認定講座は、NLPの開発者によって設立された世界のNLP協会の中でも最も歴史のある団体の一つ、米国NLP協会(The Society of NLP)のガイドラインに基づき運営されています。

1999年から始まった、日本では最も歴史の長い認定講座の一つです。

 

開催以来20年にわたって職業、年齢、男女の区別なく、さまざまに多彩な受講生さんをお迎えしています。多くの方が講座の修了後には、それぞれの分野や立場に戻り、NLPを活用して生き方に大きな成果を上げています。

実生活に確実に変化を創り出すNLPというのは、私たちのNLP学習の大きな特徴の一つでもあります。

 

講座を修了して必要な要件を満たした方は希望により、米国NLP協会(The Society of NLP)からの正式な認定証を得ることができます。

 

 

◆本年度の資格認定講座開催スケジュール

 【プラクティショナー認定講座の詳細はコチラへ 

 【マスタープラクティショナー認定講座の詳細はコチラへ】 

 【トレーナー認定講座】(2019年11月開催予定)

◆20年を越える、信頼と実績に裏付けられた講座です

NLP認定講座 鈴木信市 講師

 

オフィスワンアップのトレーナー鈴木信市は、35年以上に渡ってメンタルスキル(心理技術)の教育に携わる、経験豊かなトレーナーです

メンタルスキルの教育が今ほど一般的ではなかった時代から活動を始め、多くのメンタル系トレーナー達のその後の活動に大きな影響を与えてきました。

 

NLPの認定講座においても1999年のスタートから20年以上にわたって講座を開催し続け、NLPの学習とその可能性の開発に幅広い分野で高い成果を生み出しています。

日本のNLP学習の黎明期から活動を始め、現在さまざまなNLP学習の第一線出活躍する数多くのトレーナー達もこの講座の修了生です。

 

世界でも数少ない、米国NLP協会(The Society of NLP)認定のマスタートレーナーの資格保有者であると共に、協会が日本で開催するトレーナー認定講座においては日本人としてただ一人、現理事長のクリスティーナ・ホール博士と共同で10年以上講座内での直接の指導を担当しています。また、講座修了後のトレーナー資格認定試験での日本サイドの認定審査官でもあります。

 

その確かな内容が高く評価され、私たちが提供している『NLPプラクティショナー認定講座』は、『特定非営利活動法人キャリアカウンセリング協会(CCA)』の認可による、『GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格』の継続学習講座の対象講座に選ばれています。GCDFの資格保有者の方はこの講座に参加することで、継続学習講座としての単位(91時間)を修得することができます。

 

確かな心理技術を持つ専門家の育成は、私の活動の大切なテーマの一つです。

NLPの学習を通して、このような形でキャリアカウンセラーの方達の技術向上に貢献できることは、私たちにとっても大きな喜びでもあります。

 

オフィスワンアップがご提供しているNLP資格認定講座は以下のコースです。

 1.プラクティショナー認定講座

 2.マスタープラクティショナー認定講座 

 3.トレーナー認定講座(2019年11月開催予定)

 

コースはどれも、米国NLP協会(The Society of NLP)が定めるトレーニングのガイドラインに沿って運営され、協会から要求されている内容について、『実技』と『講義』の両面から体験的に学習が進められています。

 

『マスタープラクティショナー』の資格認定を受けた方は、米国NLP協会(The Society of NLP)が開催する『トレーナー認定講座』の受講資格を得ることができます。

 

また私たちは、米国NLP協会(The Society of NLP)によって認められた、『リソースパーソン』の正規受け入れ組織でもあります。

トレーナー認定講座を修了された方は、『リソースパーソン』の資格の認定要件としてのプラクティショナー/マスタープラクティショナー認定講座の受講をしていただくことができます。

  

NLP資格認定講座の流れ

NLP認定講座 鈴木信市
NLP認定講座 鈴木信市

確かな学びを実現するためのサポートシステム

ユニークでややもすると難解に感じる部分もあるNLPの学習を、わかりやすく、さらに楽しく好奇心を持って進めることができるよう、講座内ではNLPの認定講座に長い経験を持つ私たちならではのさまざまなサポートが用意されています。

いずれも講座の中での学びをより豊かに深め、一人ひとりの実生活の中にひも付け、しっかりと実践していく力を育むためのユニークな仕組みです。

これらの中にはその有効性から、他のNLP教育団体においても講座の仕組みとして採用されているものも少なくありません。

 

楽しく着実に身につけられる、私たちならではのサポートシステム

1)アウェアネスレポートの作成

   毎回の学びを実生活に応用し、結果をメンバーと分かち合います。

   良い経験として完了しがちな講座の学びを意識的に活用できるようになります。

2)パターンチェンジ課題の設定

   講座の期間中に設定する振る舞いの課題です。

   変化を意識的に捉え、自分自身のパターンの理解につながります。

3)相棒/スタディグループの設定

   相互援助のための仕組みです。

   一人では難しい継続的なモチベーションの維持に効果的であることに加え、学び

   の多角的な理解に役立ちます。    

4)フィッシュシステム

   新しい視点を獲得するためのトレーニングです。

   五感と意識の両方のレベルの気づきを高めることができます。

5)各講座後のサポートメール

   毎回の講座内容のサマリーをお送りしています。

   きちんとした枠組みの中で振り返りを行うことが精度と理解度の高い学びを可能

   にします。

6)ピットインランチ

   講座半ばでのランチミーティング。

   講座内での疑問の解決や理解の促進、講座では扱わないNLPの話題等、自由に活

   用できる楽しい時間です。

7)講座修了後のNLP相談室

   日常でのNLPの応用や活用についてのヒントから、職業の現場での実践的な応用

   まで、経験豊かなメンタルトレーナーからの効果的なヒントが得られます。

8)学習の自己診断シート(プラクティショナー講座)

   細かなテーマからNLPの学びの進捗を振り返ります。

   自分の理解の進捗状況を的確な形で振り返ることで、得手・不得手に気づき学習

   の補強ポイントがわかります。

9)NLP3分間ミニセミナー(マスタープラクティショナー講座)

   NLPをより深く理解する力を養います。

   定義や概念としてのNLPを理解するだけでなく、他の人に対する効果的な影響力

   を踏まえた会話を創る力が拡大します。 

10)補講〔個人セッション/有料オプション〕

   欠席時の次回セミナーでの無料参加に加えて、希望者には個人セッションの形で

   の補講が可能です。さまざまな理由で講座の学びを完結したい方に好評のサポー

   トです。

11)懇親会〔オプション〕

   講座中に2回、希望者の参加による懇親会も設定されています。

   大人の学びの会として、さまざまな背景からNLPの考察することはより豊かな学

   びを得る機会になります。

 

私たちは、学びを促進する最大の要素はそこに参加している参加者の方たちそのものに他ならないと考えています。

それゆえ、一人ひとりの参加者の方が自ら進んで、好奇心を持って学習に臨むことができるように、講座の進行には上記以外にも目に見えない形でのさまざまなサポートの工夫がされています。

概念としての効果性ではなく、実際の学習者にとっての効果性を大切にしていることが私たちの基本的な姿勢です。

2つの講座の違いについて

◆『プラクティショナー』と『マスタープラクティショナー』

NLPを学びたい方がしばしば抱かれるのが、この2つの講座の違いです。

一度講座にご参加いただければその違いは一目瞭然なのですが、実際にはそういうわけにもいきません。

 

簡単にご説明すると、2つの講座は別々のものというわけでも、入門編と上級編という位置づけでもありません。むしろ相互に補完し合っている一連の学習という関係です。

 

車の運転免許に例えるならば、『プラクティショナー認定講座』は教習所の中で所定のコースを使って車の運転のイロハをきっちりと学ぶ体験。

『マスタープラクティショナー認定講座』は、免許の取得後に一般の道路に出て、コースにはない実際のさまざまな状況の中で運転の技術を磨く体験、というところでしょうか。

 

プラクティショナー認定講座では、NLPという新しい世界観と多彩なスキルを実感を基に学習します。これ自体が、自分の考えや振る舞いに数多くの革新的な選択肢を手に入れることを意味しています。

そして、マスタープラクティショナー認定講座では、それをひとり一人の現実の中でいろいろに異なる相手や状況に対して活かせるようになります。

つまりプラクティショナー認定講座で『習得』、マスタープラクティショナー認定講座で『応用/活用』という2つの側面の学びを行っているということです。

 

なので、結果から考えるとあなたがNLPを現実で活用したいと思っているならば、例えそれどのような分野でのことであったとしても、『マスタープラクティショナー認定』のレベルまでの学習をしておけば『何とかなる』ということがいえます。

 

もちろん『トレーナー養成講座』や、新たに開発され続けるさまざなテーマ別のセミナー等、それ以外の講座からの学習にも大きな価値があります。けれども、いったんNLPの全体像をきちんと身につけ、学びを完結したいと考えているのであれば、私たちからのお勧めは『マスタープラクティショナー認定講座』までの学習を念頭に学びを検討することになります。

本年度の資格認定講座開催のスケジュール

 ◆NLPプラクティショナー認定講座【春/夏講座】【秋/冬講座】

 ◆NLPマスタープラクティショナー認定講座

まずはここから『NLPミ二セミナー』

NLPミニセミナー 講師 鈴木信市

 

NLPってどんなもの?、という疑問に

経験豊かなトレーナーが分かりやすくお答えします

 

NLPに関心はあるけれど、正式に学ぶには敷居が高いと感じている方、NLPをどこの団体で学べば良いかを迷っている方はここから始めて下さい。

 

書籍や映像教材からではなかなか実感を得にくいNLPを、実際の講座と同様にいろいろな実習を交えた体験学習を通してわかりすく理解できます。

 

長期に及ぶNLPの認定講座を検討するにあたっては、自分が無理なく自然に学びを継続できるように、多くのNLP教育団体の中から自分に相性の合う、ぴったりの場所を選ぶことがとても大切です。そのためには、実際の体験をすることが一番確実な方法です。

 

このセミナーを通じて、

『NLPってどんなもの?』『実際にどう役に立つの』『NLPを学ぶことで自分がどう変われるの』等々、NLPに対する疑問や質問をスッキリ明らかにできます。

 

◆このセミナーでは次のことが得られます 【各テーマで共通の情報】

  1.NLPとは何かについての情報が得られます。

  2.NLPの歴史、NLPが目指しているものがわかります。

  3.実際の気づきを通して、NLPの視点を実感できます。

  4.NLPが自分にどう役立つのか、どんな利益があるのかがわかります。

  5.自分で使えるNLPのスキルを持ち帰ることができます。

  6.これまでにあったNLPに対する疑問や質問を解決することができます。 

  7.オフィスワンアップならではのNLP学習の特徴や魅力が理解できます。

 

 

 NLPの持っている多彩な可能性を理解するために、それぞれ別の切り口から4つのテーマを設定しているのも経験豊かな私たちならではの特徴です。

いろいろなスタイルでNLPを体験することで、一つの目線だけでなく複合的な視点か

らNLPの魅力と全体像を実感することができます。

 

◆NLPミニセミナーの4つのテーマ

 1.NLPの基本編〔2月/6月/10月〕

 2.自己理解/他者理解編〔3月/7月/11月〕

 3.創造的な思考術編〔4月/8月/12月〕

 4.NLP式メンタルマネジメント術編〔5月/9月〕

 

 

NLPミニセミナーは、私たちが提供するNLPならではの魅力と雰囲気を実際に感じることのできる時間です。


 

 

 

 

Copyright ©2017 OFFICE ONE-UP

NLP鈴木信市

鈴木信市の著書

鈴木信市 NLP

  日常に起きるさまざまなできごと

  にNLPはどう使えるのか。

  身近な事例を通してNLPをやさし

  く興味深く学べるのが魅力です。

  1万部を超えるロングセラーとし

  て、高い支持を得ています。

====================

鈴木信市NLP

   手にしたその時からNLPの理解が

   進むと評判です。

 NLPを基本からしっかりと押さえ

 たい方に特にお薦めします。

鈴木信市  メールマガジン

鈴木信市 NLP
鈴木信市 NLPセミナー
鈴木信市 NLPセミナー
NLP鈴木信市

 NLPミニセミナー

  ⇒初心者の方向け

NLP鈴木信市

 NLPカフェ

  ⇒認定講座修了生対象

NLP鈴木信市